背中のチーム沢田内科医院

ユニフォームは3年ごとに新しいものに変えています。今回は、今までと違うユニフォームにしました。看護師は「白衣の天使」として小さい女の子からは憧れの的でした。 しかし、現在はカラフルなユニフォームが溢れていますので、強く色を付けてみました。

ちかとちひろは医師会看護専門学校1年生のコンビ

今回のユニフォームは手術室や救急センターでよく見られるものです。上下揃いのものを捜したのですが、いいのがありませんでした。 上だけを赤とピンクの間の色として、下は白にしました。ネームプレートをなくして左胸に刺しゅうで名前を入れました。背中には、チーム意識を高めるために、私が書いた「沢田内科医院」をプリントしました。

このユニフォームは、ボケっと立っていると全くかっこよくありません。逆に、動いていると一層輝いて見えるユニフォームです。 沢田内科医院では、ボケっと立っている看護師はいません。みんなよく動き回っています。ですから、特にこのユニフォームがかっこよく見えるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です