澤田美紀子新師長

 沢田内科医院に勤務し20年経ちました。実は看護師になろうと決意した時、内科は自分の中では選択肢にはなく外科の看護師に憧れを抱いていました。実際、高校を卒業し最初に勤めたのは外科の医院でした。学校に通いながら仕事をする大変さもありましたが、興味があった外科で働くことで初めて見ること、手技を覚える事の楽しさの方が大きかったような気がします。

 そのような日々を過ごしているうちに看護師になるには外科に限らず、すべての知識を身につけその中で自分の進みたい道を極めていくことが大切なのではないかと思うようになり、それまで働いていた医院を退職し沢田内科医院へお世話になることになりました。ご存じの通り前院長である美彦先生はとても熱心で、医学以外の勉強でも大変お世話になりました。

 終末期を過ごす患者さんを看護しているうちに、緩和ケアについて知りたいと思うことがあり、美彦先生の協力を得て青森慈恵会病院の緩和ケア病棟に体験学習に行かせていただいたこともありました。患者さんが苦しまずに過ごすことができるよう、たくさんの工夫をされていて、大変勉強になりました。

 また、現在トレーニング中である超音波検査士を目指すきっかけも半分は美彦先生の口車に乗せられたところもありますが、自分のためになると思い勉強しようと決めました。日々のトレーニングで画像が分かるようになりましたが、超音波の原理や原則を理解するのが難しく、試験をパスするのはまだまだ先になりそうです。

 沢田内科医院に勤務してからたくさんの患者さんとの出会い、別れがありました。私が初めて病棟勤務した日、聞いたことのない病名の患者さんばかりで驚きました。その中の一人の患者さんは輸血をしていて、初めて血液バッグに触れながら手技を教わり緊張している私に「すぐできるようになるよ」と声をかけてくださいました。その患者さんは外泊や入退院を繰り返し、最後は私が当直の日に亡くなられました。初めて会った時から看取るまで数年ありましたが、その患者さんから見て私は成長できていたのかは疑問のままです。

 20年と言えば長い月日ですが、振り返るとあっという間でした。今でも日々学ぶことがたくさんあります。今後も皆様の力となり良い看護ができるように精進して参りますのでよろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です