斉藤優香さん(左)と木村友美さん

12月1日から新人が加わりました。弘前市医師会看護専門学校准看護学科の2年生で11月で実習が終わりました。2月9日に准看護師資格試験が待っているのですが、勉強しながら准看護師としてのトレーニングを開始することにしました。資格試験に合格すると注射など看護師として働くことができます。

木村友美さんは、高校を卒業して直ちに准看護学科に進学しています。准看護学科1年生の時に、「卒業生からのメッセージ」という企画が初めて行われました。その中で、糖尿病を勉強して看護学士を目指していた小堀未希さんの発表を聞いて、沢田内科医院で働いてみたいと希望していたとのことでした。

斉藤優香さんは、弘前大学人文学部を卒業して社会人を経験した後に准看護学科に入学しています。いろいろ考えた末に進む道を変更して看護師になることを決めたようです。

二人ともすでに推薦入学で看護学科に進学することが決まっています。そして、木村さんは放送大学へ入学して4年後に卒業し、その後で看護学士を目指すことにしています。斉藤さんはすでに大学を卒業していますが、看護専門学校を卒業した後に看護学士を取得することを希望しています。

沢田内科医院では、看護専門学校に在学したり、いつも誰かが勉強している状態を維持してきました。今年からは、看護学士を目指して勉強するという状態までになってしまいました。これで、さらにレベルアップした医療サービスを提供できるものと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です