4月7日土曜日に入学式がありました。沢田内科医院では、准看護学科に清野愛(あみ)さん、看護学科に工藤咲良(さくら)さんと濱中春香(はるか)さんが入学しました。

清野愛さんは、八戸工大第一高校を卒業して入学しました。弘前出身ですが、お兄ちゃんと一緒に高校でテニスをするために八戸の高校に進学しました。テニスはかなり上手いらしく、東北大会レベルらしいです。お兄ちゃんは、もっと上手いらしく、東京の大学へ進学しました。愛さんは、将来は看護師として生きることに決め、弘前へ帰ってきました。沢田内科医院の職員の清野法子さんの長女です。

午前中は沢田内科医院でアルバイトとして働き、午後は准看護学科で勉強です。注射など免許がなければできない医療行為はしませんが、ほぼ外来診療の介助ができるようになります。棟方翔子さんは准看護学科2年生ですが、ユニフォームも同じですし、1年も経つと看護師かどうか区別ができない動きをしていますよね。愛さんも1年もするとこのようになると思います。

工藤咲良さんと濱中春香さんは、准看護学科から看護学科へ進学しました。准看護師の免許がありますから、注射などの医療行為は何でもできます。看護学科は夜間3年の定時制ですので、3年後に看護師になります。

看護学科の学生は、日中は准看護師として働きます。その後、夜に90分の講義を2つ受けます。看護の知識はまだまだですが、実地で准看護師としてのトレーニングを行い、6ヶ月ほどすると一人で夜勤ができるようになります。沢田内科医院の看護師は採血や注射が上手いと評判ですが、最初は誰でも失敗しながら上手くなりますので、通院する皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

今年度は、准看護学科に2人、看護学科に7人と、全学年に在校生がいることになりました。これで、看護職員は看護師が9人、看護学科に在学する准看護師が7人の16人体制となりました。准看護学科2年生と看護学科3年生は5月から約6ヶ月間の実習に出ますので、月曜日から金曜日は看護職員は3人少なくなります。

入学式はモーニング姿で学校長の仕事をしました。新入生と記念写真を撮った後は着替えて沢田内科医院の院長に変身です。入学式の後は、弘前文化センター近くの「びっくりドンキー」へ行きました。

後ろの列、向かって左から工藤咲良さん、濱中春香さん、私、清野愛さん。
この3人も今は小さく写っているが、そのうちに前に出てきて大きな顔をするようになります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です