3月22日、国家試験の合格発表がありました。沢田内科医院では、棟方孝奈さんと今夕葵さんの二人が看護師国家試験に合格しました。二人とも沢田内科医院での勤務は20日で終わっていたのですが、合格発表に合わせて医院に来てくれました。

看護師国家試験の合格率は約90%ですし、自己採点でも合格点数を取っていました。不合格になることは考えられませんでしたが、ネットで発表を見て合格したことを確認する瞬間はまた格別です。ただ残念なのは、医師会看護専門学校が合格率100%を達成できなかったことです。来年に向けて、さらに早めに対策を講じなければなりません。

昨年、弘前市医師会看護専門学校を卒業し、秋田県立衛生看護学院保健科で勉強していた木村友美さんも保健師国家試験に合格しました。保健師コースの修業年限は1年で、3月初めに卒業式を終えていた友美さんの発表も看護師国家試験と同時刻でした。友美さんも、発表時刻に合わせて来てくれました。もちろん合格です。友美さんは、現在、弘前市健康増進課の保健師として働いています。健康増進課と弘前市医師会は同じ建物の中にありますので、時々、友美さんの顔を見ています。

発表を確認した後は、用意していたケーキをみんなで食べて3人の合格を祝いました。

最前列中央の3人が合格した皆さん
真ん中が棟方孝奈さん、その左が今夕葵さん、右が木村友美さん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です