医院でのこぼれ話


子どもたちと話をしながら診察をするのは楽しいものです。ここ2ヶ月間で外来診察中に実際にあったこぼれ話を二つ。

その1


赤ちゃんの頃から診ているいつも元気な浩二くん(仮名)は7歳になりました。
ある時、風邪をひいて受診しました。

お母さんの話では、両方の鼻が詰まって、寝ている時は息苦しそうだと言います。
ということは、浩二くんはお母さんの近くで寝ているということです。

そこで、診察しながら浩二くんに話しかけてみました。

「あれっ、浩二くんはお母さんと一緒に寝てるの?」
浩二くん
「・・・・・・、ちょっと離れて、・・・・・・。」

いつもは大きな声なのに、言い難そうに、ちょっと間をおいて、小さな声でした。


その2

岳史くん(仮名、6歳)の診察を終わり、お姉ちゃんの番になった時です。 注射しないことも分かり、緊張感から解放された岳史くんは、お母さんを柱に見立てて 背比べを始めました。最近、背が急に大きくなった岳史くんは、

岳史くん
「あっ、お母さんのオッパイの所まで来た!」
「岳史くんも大きくなったけど、お母さんのオッパイも下がって・・・・。」
お母さん
「先生! 言ってはいけないことを言ってしまった!! ほんとは、私もそう思ったんですけど・・・・。」
なお、その2の内容については、お母さんの承諾を得て掲載したことを申し添えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です