医院でのこぼれ話


肺の病気で通院していた斎藤さん(75歳男性、仮名)は、病気が進んできたため入院しています。ほとんどベッド上の生活で、テレビを見るくらいしか楽しみがない斎藤さんに、晩酌をすることを勧めました。後で確かめると、斎藤さんは小さな缶ビールを飲んでいることが分かりました。

「ビールは足りなくないの?」
斎藤さん
「・・・・・・・・。」
苦しくてもあまり訴えない斎藤さんですから、はっきり言いません。
「奥さんに、もっと大きいのを買ってきてもらったら?」
斎藤さん
「・・・・・・・・。」
その後、斎藤さんが奥さんに350mlの缶ビールを頼んだという話を聞きました。
「斎藤さん、大きいビール飲みましたか?」
斎藤さん
「いや、大きいビールは売ってなかった・・・・・。」
「大きいのが売ってなかったら、小さいの2つ買ってもらえばよかったのに。」

奥さんは、大きいビールは買ってきてくれなかったようです。それにしても、大きいのが売ってなかったというのをそのまま信じて小さい缶ビールを飲んでいる人のいい斎藤さん。医院の近くにはお酒専門の店もあるんですけど・・・・。そこには大きいビールがあるのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です