肝臓の治療で通院している工藤さん(?歳、女性)はお寺の草取りの仕事に行っていました。最近の暑さで、仕事はきつそうです。話の中で、ハチに刺されることがあるので、刺されたら治療してもらえるかと質問されました。

私が子どもの頃は、転んですり傷ができたり、ハチに刺されたりした時にはツバをつけておいたことを思い出しました。そこで、私は「ハチに刺されたくらいなら”よだれ”をつけておけばいい。病院には来なくてもいい」と答えました。そうしたら、工藤さんは「”先生のよだれ”でねばだめだから、やっぱり病院に来る」と。みんな大笑いでした。

注:ハチに刺されて息が苦しくなったり、痛みが強い時はよだれだけでなく、受診してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です