向かって左が相馬知香さん、右が三上千紘さん

福井絵梨果さんが看護専門学校を卒業して、弘前脳卒中リハビリテーションセンターへ就職が決まりました。 代わって、弘前市医師会看護専門学校准看護学科を卒業した新人が加わりました。三上千紘さんと相馬知香さんの2人です。 3月14日に准看護師試験の合格発表がありますが、ニュースレターが発行される時は合格しています。

2人とも看護専門学校に推薦合格していますので、午後5時まで准看護師として働いて、6時から9時まで勉強です。 そして3年後に看護師国家試験を受験します。3年間は勉強の時期ではありますが、決して気軽なアルバイトではありません。身分も沢田内科医院の正職員の准看護師です。

看護師は国家試験を終えても医師のような研修制度がありません。就職した病院に任されているのが現状です。 これから看護師としてのトレーニングを開始しますが、厚生労働省が新人看護師研修内容として挙げている項目をチェックしながら一人前の看護師になれるように指導していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です