左がさくら、右がはるか

 こんにちは!濱中春香です。わたしは正看護師の資格を取るために昼は准看護師として沢田内科で勤務し、夜は看護学校へ通い先日無事卒業することができました。そして4月からは弘前大学医学部附属病院で働きます。沢田内科から旅立つということで3年間という短い期間でしたが、少し思い出を話そうと思います。

 沢田内科へはじめて来たのは3年前の3月上旬で、特定健診や検査が多くとてもバタバタしていて忙しい時期でした。こんなに忙しい職場ははじめてだったので、学校と仕事を両立してやっていけるのかという不安が大きかったです。しかし、忙しい時期に来た甲斐もあってか心電図や内視鏡検査の介助はあっという間に覚えてしまいました。仕事にも少しずつ慣れましたが、あまりの忙しさに学校の座学でガクッと寝てしまうこともありました。なんとか3年生になることができて実習が始まりました。このタイミングで沢田内科は院長先生が交代となりました。実習中は土日のみの勤務だったので、新しいことを覚えるのに精一杯な日々でした。それでもやってこれたのは、家族や友人、そして職員のおかげだったと思います。

 沢田内科の良いところは職員みんなが明るいところだと思います。病院というと嫌なイメージがありますが、毎月の来院を楽しみにしているという話を患者さんから聞いた時には驚きました。しかし美彦先生、直也先生、その他職員の接し方や雰囲気がそう感じさせるのだとすぐに理解できました。また、患者さんだけではなく、わたしにも同じことが言えます。沢田内科のみんなはわからないことは嫌な顔ひとつせずに教えてくれました。そして何より笑顔の絶えない職場だと思います。

 わたしは弘前大学医学部附属病院で内定をいただき、4月から働くことになりました。この明るい職場を離れることに寂しさと不安はありますが、今まで沢田内科で獲得したものを活かして新しい職場でも頑張っていきたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です