弘前市医師会の仕事で診療を留守にすることが時々あります。また、勉強もしなければなりませんので、消化器内視鏡学会や消化器がん検診学会などに出席するために留守にすることがあります。

医師会の仕事は原則として夜に行いますので、多くの会合は診療には影響がないのですが、日中行われることがあります。昼休みを利用した会議がある時などは、午前中の内視鏡検査などを予め止めて診察だけにして早く終わるようにしています。弘前市医師会看護専門学校の仕事も土曜日午後に行われることが少なくありません。どうしても出席しなければならず、診療途中で抜けださざるを得ないことがあります。

私の長男は内科医で弘大消化器血液内科に勤務しています。私の出張が土曜日で仕事に差し支えない時には留守番に来てもらっています。しかし、ウイークディではそうもいきませんので、定年退職した先輩の先生方にお願いしています。どうしても都合がつかない場合は、私の出身医局である、弘大消化器血液内科から医師を派遣してもらっています。

いずれにせよ、皆さま方にはご迷惑をおかけすることになります。年齢的なこともありますが、立場上、自分の仕事だけをしていればいいという訳にはいかなくなりました。自分の医院を多少犠牲にしてでも、弘前市の医療状況が少しでもよくなればと自分に言い聞かせ、受診してくれる皆さんへの言い訳にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です