研修の初日、石戸谷美奈先生は上下とも黒のユニホームで現れました。先日、テレビの「チコちゃんに叱られる!」で、医師はなぜ白衣を着るのかというのをやっていました。白ですので衛生的に見える、感染症などを防ぐために汚れが分かるようにするなど意見が出ていましたが、なんとイメージチェンジのためだというのです。

チコちゃんは、「何でお医者さんは白衣を着ているの?」とみんなに質問しました。あるゲストが「白いから清潔感がある」と答えると、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られてしまいました。改めて考えてみると私にも分かりません。

チコちゃんの答えは、「イメチェンしたかったから」でした。医師という職業はずっと昔からある職業ですが、白衣を着るようになったのは19世紀半ばとのことでした。それまでは、医学自体はあっても、具体的な治療法が確立されていなかったため、呪文を唱えたりする祈祷師が行う民間療法と大きな違いはなかったようです。そして衣装は黒のフロックコートでした。

1850年あたりから、医学の分野では病気の原因が病原体だということが分かり、消毒法が確立されるなど、医学的知識が飛躍的に進歩し始めました。医学がより科学的となり、それまでの医師とは違うということを示すため、つまり、イメージチェンジのために白衣を着るようになったのだそうです。

ということで、医師が白衣を着るようになったのは約150年ほど前ですので、比較的新しいことだったんですね。「チコちゃんに叱られる!」は、これまでほとんど見ていませんでしたが、石戸谷先生のお陰で、また豆知識が増えました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です