水戸市のある湖で、頭や首などに傷を負った7羽の白鳥が無残な姿で死んでいたという事件がありました。 この事件では、男子中学生たちが白鳥を棒で殴ったことを認めました。 子どもの日である平成20年5月5日の朝日新聞の社説は、この事件を題材にした「白鳥も君も同じ命なのに」という題で、 すべての生き物の命の尊さを説くとともに、命を粗末にする社会の責任を問う内容でした。 私は、肉食動物だけでなく、私たち人間も生き物の命を奪って生きていることに全く触れていない社説に違和感を持ちました。 すべての生き物は、他の生き物の命を食べて生きているからです。

社説では、「白鳥にも命があり、懸命に生きている」こと、「殴られた時の痛みにほんの一瞬でも想像を及ぼしてみる、 そうすれば、棒を振り下ろしたりはしなかっただろう」と述べ、「動物にも植物にも、自分と同じように命がある。 そんな当たり前のことを当たり前に受け止める感性を、今の社会が失わせつつあるのではないか」と論じています。 そして、「家族で、あるいは友達同士で命の大切さを考えて、生きるものへのいとおしさを感じてみたらどうだろう。 動物や植物に同じ生きものとして共感できれば、人も生きやすい社会になるだろう。」と結んでいます。

どんな生き物にも命があり、それを殺してはいけないという内容です。人の命を軽く扱うことはもちろん反対です。 しかし、世の中のすべての命を奪うことが許されないなら、 人間は自然界に生きるヒトとして生きて行くことはできないでしょう。 あらゆる生き物は、他の生き物の命を奪って生きているのですから。 食べるために命を奪うのは、食物連鎖で成り立つ生き物の生存のためには必然のことです。

私たちがスーパーで牛肉、豚肉、鶏肉などを買って食べます。 これらは誰かが牛、豚、鶏を殺さなければ肉としてスーパーの売り場には出てきません。 ただ単に、生き物の生命を奪うのが許されないのであれば、この職業の人たちの立場がありません。 この肉を食べているのですから、私たちも間接的に動物の命を奪っています。 しかし、これはヒトが生きて行くために他の動物の命を奪って食べるためです。

食べるため以外に生命を奪うことがあります。自分の命を守るため、戦争、スポーツとしての狩猟や魚釣り、などです。 社会を防衛するためには合法的に人の命を奪うことがあります。死刑です。 そして、今回のように動物を無残にも殺すことです。

今回の中学生が白鳥を殺して非難されたのは、食べるために殺したのではないからだと思います。 白鳥を食べるために殺したのであればいいのかという議論にもなりますが、ここでは触れません。 中国人や韓国人は犬を食べると非難されます。日本人がクジラを食べることを非難する国もあります。 どの動物を食べるかは、これまで人間が生活してきた歴史や文化で判断しなければなりません。

人を殺すことが許されない理由は誰もが考えていることだと思います。 自分が生きる自由は奪われたくないのですから、他人の生きる自由を奪うことは許されないというのも一つの理由です。 しかし、他人の命を奪わなければ自分が生きて行けない事態も想像されます。 人を殺すことは許されないことは、暗黙知の中で誰でも理解していることです。 しかし、なぜなのかを言葉で明瞭に説明することは非常に難しいことです。

小さなアリを見ながらよく考えます。 人間は精巧な宇宙船を造って宇宙に飛び出すことができるのに、こんな小さな命を持つアリを作り出すことはできないと。
人は他の生き物の命を奪いながら生きて行きます。 命の尊さを考えながら生きて行くことが、自分がよりよく生きて行くことにつながりそうです。 なぜ人を殺してはいけないのかの理由を求めながら。

2 thoughts on “人は生き物の命を奪って生きている

  1. そんな事は分かった上での社説だと思います。人は罪深いからこそ不必要に他の生命を奪ったり傷つけたりしてはいけないと説いたのでしょう。この残忍な行為は決して容認出来る事ではなく心が痛みます。

  2. 私はこの記事を(沢田さんという方の意見を)拝見する限り、正しい意見の1つだと感じました。

    何故ならば、彼(文脈から察するに男性でしょうか?)の 指摘は個人の直感と好悪に基づく物では無く、倫理的で分析的で有り、深い観察眼から成る、公平な見解だからです。

    何故そう思うのかと言うと、彼は男子中学生を責める様な事を一言も書いていないという点に尽きます。

    子供、取り分け男子は小動物、或いは昆虫等に対して、残酷な行為を行う事が有ります。これは、成熟した大人や、特に女性からすると、理解し難い行為として、目に写ります。
    しかし、一見すると残酷にしか思えない様な行為でも、大人になる過程で体験する、正常な発育の一端です。
    実際、その残酷な実験の対象が人間に達する事は有りません。
    (反社会的人格者の持つ特徴とは、対象となる生物の、数や頻度、大きさや、人間との類似点等で大きく異なります。)
    大抵の場合は、年齢を重ね大人になるに連れて、そういった行為と乖離していきます。
    実際、私の少年時代は勿論の事ですが、男性ならば(きっと沢田さんも)多かれ少なかれ体験する事だと思います。
    むしろ、主筋である「命の大切さ」を知りつつも、太古から命を奪う役割を担う事が多い男性の、通過儀礼とも呼べます。
    ただし、むやみに生き物の命を奪う事は良い事では無いし、狩猟法等にも違反しています。
    しかし、まだ未成年の彼らから、その人生を剥奪する様な事件では決して無いし、過剰で個人的な中傷を、彼らに向ける事の方が、余程問題と言えます。
    以上の点から、筆者の温かい人間性を窺い知った次第です。

    大変に差し出がましい申し出なのですが、個人的または宗教的な信条と、直感的な好悪が有れば、それらを取り敢えず、伏せておいてみて、もう一度、彼のこの記事を読み直してみては頂けないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です