日経新聞のコラム「春秋」に、『つもり違い十ヵ条』というのが紹介されていました。 八王子市にある薬王院に、『つもり違い十ヵ条』が書かれた看板があるのだそうです。高尾山は744年に行基が開いた信仰の山で、山頂近くに真言宗智山派の大本山薬王院があります。私は訪ねたことがないのですが、そのうちに行こうと思っています。

一、高いつもりで低いのは 教養
二、低いつもりで高いのは 気位
三、深いつもりで浅いのは 知識
四、浅いつもりで深いのは 欲
五、厚いつもりで薄いのは 人情
六、薄いつもりで厚いのは 面の皮
七、強いつもりで弱いのは 根性
八、弱いつもりで強いのは 我
九、多いつもりで少ないのは 分別
十、少ないつもりで多いのは 無駄

時々、これを読んで反省しないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です