6月28日から3日間、弘前四中2年生が沢田内科医院で職場体験をしました。今年も、私は学校訪問や医師会の仕事で十分な対応ができませんでした。胃内視鏡検査の時に見学してもらったり、何人か診察の介助をしてもらっただけでした。病棟の仕事や薬局の仕事など、医院の全般的な体験は、井上真利子婦長を初めとしてスタッフがカバーしてくれたと思います。

後ろ左から、澤田さやかさん、井上真利子婦長、前左から、小野真和さん、長内結杏さん

6月29日の水曜日午後は医院が休診でした。学校へ帰るまでには時間がありましたので、医院から出て発展的な職場体験をしました。近くに弘前市内でも有名なアイスクリーム店がありますので、そこでソフトクリームを食べました。これを、井上婦長が「裏職」と名付けました。学校の先生には内緒ですので、「裏職場体験」です。写真を見れば分かりますが、多分、これが最も楽しかった職場体験じゃなかったかと思いました。

長内結杏さんと小野真和さんです。私たちの医院は弘前四中の学区内ですので、結杏さんは小さいころからワクチンの注射などで医院に来ていました。真和さんは、自己紹介の時に、「これでも”まどか”言います!」とジャージーに書かれている名前を見せてくれました。

先日、弘前四中を訪問した時に、ふたりの職場体験の写真が掲示されていました。これから報告書を書くようですが、普段は患者さんとして医院の表を見ていますが、今回は医院の裏で何が行われているかが見れたことでしょう。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です