懸賞の投票箱を持つ山中春光先生

弘大附属病院の臨床研修医の山中春光先生が5月1日から30日まで研修します。医師になって2年目の先生です。1年目は弘大附属病院での研修でしたので、外来診察の経験がほとんどありません。

山中先生は板柳町出身で、山梨大学医学部を卒業しています。塾の先生をしていて、途中から医学部に入っていますので、ピッカピカの新人というわけではありません。津軽弁には苦労しませんが、患者さんから情報を聞き出すテクニックを身につけることが目的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です