小田桐元先生

弘大附属病院の臨床研修医である小田桐元先生が10月の1ヶ月間、当医院で研修を行いました。 健生病院での2ヶ月の研修を含め、弘大附属病院で約1年半の研修を終えていましたが、一般外来診療は初めての経験でした。 大学病院では重症な患者さんが対象でしたので、当医院では、病歴をきちんと取ること、 甲状腺や肝臓を触れるなど身体所見を取ることを重点的に研修しました。 高血圧症、糖尿病などの慢性疾患患者さんの管理を経験したことがなく、一からの勉強でした。 外来患者さんの協力でたくさんのことを経験して大学へ帰りました。 来年3月には研修を終了し、弘大で精神科専門医を目指して研修を続ける予定です。ご協力ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です