吉澤秀香さんから頂いた色紙

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年は十二支の十番目の酉年です。酉と書きますが、鳥の中でも鶏のことのようです。猿年と戌年の間なので、犬猿の仲をトリ持つのが酉なのでしょうか。酉は鶏、戌は犬のことですが、本来、十二支は方位や時間を表していて、後に動物を当てはめたようです。興味が出てきたのですが、これを調べ出すとこの原稿が完成しませんので、後で調べてみます。

吉澤秀香さんから「酉」の色紙を頂きました。

青森県立美術館「吉澤秀香さん(左)の展示会」にて

昨年11月13日に青森県立美術館で吉澤さんの展覧会がありました。私は書道のことはよく知りません。見ていても、書かれている文字を読むこともできませんし、その内容自体もよく分かりません。雰囲気を感じてるだけです。ただ、その中に、いわゆる「名山詩」がありました。これだけはよく理解できました。吉澤さんと記念写真を撮ってきました。

齋藤愛子さんから鶏の置物を頂きました

齋藤愛子さんが、昨年のうちに鶏の置物を作ってくれました。新しい年齢区分では超高齢者の齋藤さんですが、ちょっと背中が丸いだけで体も口もよく動きますし、頭の回転も申し分ありません。もちろん手の動きには全く問題なく、このような作品をたくさん生みだしています。いろいろな作品の写真集も出しています。羽根やしっぽは形を自由に変えていいと言われましたので、自然になるようにしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です